2021年06月29日

七夕まつりの準備、進行中!

629.jpg
昨日、七夕の笹を理事長先生のお宅からいただいてきました。今日は、飾りつけの日、桃組さん、赤組さん、青組さんどの学年も、それぞれひとりひとり「飾りつけ」をしていました。3つの学年とも出来上がりました。7月1日の七夕まつりが楽しみです。
629-4.jpg
629-6.jpg
629-5.jpg


今日保育室を回っていると、青組で何やら面白い制作をしていました。
629-2.jpg
マーブリングという制作で、水に専用の絵の具をたらし、紙を浮かべるときれいなマーブル模様になります。
629-3.jpg
「はやくやりたいなぁ・・」待っている子ども達は、待ち遠しい様子で笑顔いっぱいでした。絵の具を垂らすとき、紙をのせるときちょっぴり緊張するけど、出来上がると感動です。・・・・・・ いい作品ができました。・・・・・・・
629-1.jpg


未就園児のにこにこルームもありました。今日は、「親子たいそう」の日です。講師の体操の先生に教えてもらい、いろいろな楽しい運動遊びをしていました。おうちの人と一緒に楽しく過ごせていたようです。



■保育日誌より(抜粋)
●桃組 25日(金)
・今日は当番表のテントウムシを作りました。ハサミを使って行う制作が久しぶりだったことや、体のカーブ部分を切るのが難しいということもあり、各机ごとにハサミの作業を行いました。それぞれ線に沿って切ろうとする子や持ち方が間違えている子などいたので、少人数の作業にしてよかったと思いました。また、待っている間にテントウムシの水玉模様に色を塗るように伝えていたのですが、思っていたよりもみんなが枠線の中に色を塗るという意識が持てており、大きくはみ出して塗っている子はいませんでした。
●桃組 28日(月)
・今日は初めてのおみこし祭りに向けて、園庭を歩く練習や実際の山車を引っ張り保育室で練習を行いました。登園したときには、保育室に置いていた山車に興味津々で、自分のペンギンを探しては「ぼくのあった!」と指さしながら教えてくれました。触らないように繰り返し声をかけていたこともあり、触らずいてくれました。しかし、子ども達は触りたくて仕方ないのだろうなと思っていたら、やはり山車の周りに集まり顔や手を近づけようとしていました。また、園庭や保育室での歩く練習では、最初は何だかわかっていない様子でしたが、何度かやっていくうちに「ワッショイ!」の掛け声とともに、理解しついてこれるようになりました。

posted by さくちゃん at 15:02| 日記