2022年07月01日

七夕まつり

701.jpg
今日から、いよいよ7月です。1学期最終のまとめの月です。
■今日のアサガオさん
701-8.jpg
今日は、昨日に引き続き、紫の花が3輪咲いていました。その他にも、明日には咲きそうな花のつぼみがたくさん出来ていました。別のクラスのプランターのアサガオさんには、何と白い花も咲いてきました!!

■今日は七夕まつりでした。
701-5.jpg
園長先生の話を聞いたあと、担任の先生から七夕についてのお話やクイズもだされ、楽しく七夕について学びました。
701-7.jpg
七夕飾りも飾られ、気分も「おり姫」と「ひこ星」でした。
願いごとも、たくさんありました。
701-6.jpg


■七夕まつり「園長先生のお話」(抜粋)
701-2.jpg
皆さんは、空にあるお星様をみたことがありますか。
空にはお星様がいくつあるか知っていますか。
 一つ二つと数えきれないほどあるので、昔から多すぎて数えきれない数を、星の数ほどと言っています。
みなさんが住んでいるお家からは、外が明るくてよく見えないかも知れませんが、星のよく見える山や海の方へ行くと本当に数えきれないほど沢山見ることができます。その中でも星の数が特に詰まっていて長く繋がっているように見えているところがあります。川のようにみえるところから、天にある川、つまり天の川といいます。
 その天の川をよく見ていると川を挟んで、特に明るい星が二つあります。
一つは、織姫星といって織り物のとても上手な女の子、もう一つが、ひこ星と言って牛を飼っているとても働きものの男の子です。言い伝えによると、この二人はとても仲良しで、結婚して一緒に暮らすようになったところ、仲良しすぎて全く仕事をしなくなってしまいました。そのことに、天の神様がおこってしまい、一年に一回しか会えないことにしてしまいました。二人が会える日が、七夕の日、つまり7月7日ということです。また、昔から、七夕には、笹飾りをつくって、願いごとを短冊に書いて飾ると願いがかなうといわれています。

 今日は、さくら草幼稚園の七夕まつりです。
 桃組も赤組も青組も、どの組もみんなで力を合わせてりっぱな笹かざりを仕上げることできました。笹かざりが風にゆれてとってもきれいですね。飾ってある短冊には、みなさんはどんな願い事をかきましたか。みんなの願いが叶うといいですね。
 これから、みんなで七夕の歌を一緒に歌ったり、先生からお話をきいたりして七夕まつりを楽しんでください。

■保育日誌より(抜粋)
●桃組(6月30日)
・今日は9月の制作のぶどうとマスカットを指で使って粒を表現しました。指スタンプとは異なり模様をつけるので、絵の具のついた指を滑らすのが難しく思っていたよりも絵の具が薄くなってしまったり、思っている以上に指が滑ってしまい粒がかけなかったりと、簡単そうで難しそうでした。普段からきれいに書こうとする子や、丁寧で慎重に取り組む子ほど、力の下限に苦戦しているように見えました。大小さまざまなぶどう・マスカットになったのも、それは作品としてよかったと思います。
また、今日は暑かったので昼食後は、室内遊びをしました。初めて、バクダンゲームをさい、全員が参加して遊べたので良かったです。また、チャレンジできたらいいと思います。
●赤組(6月30日)
・今日は絵本の7月号を読みました。海の生き物のページにクマノミがおり、「ニモだ!」と喜ぶ姿が見られ、そこから自分の知っている生き物を発表したりと盛り上がることができました。また、イソギンチャクとクマノミの関係について話すと知らなかった子が多く、また一つ新しい知識を身に付けることができたので良かったです。その後は、おみこし祭りのかつぐ練習を部屋で行いました。久しぶりに小さい順になり、かつぐ順番を伝えましたが、しっかりと並び替えて取り組むことができたので良かったです。またかけ声も大きく出せていたので本番が楽しみです。
●青組(6月30日)
・今日は1学期最後の文字指導だった。先生の指示に合わせて文字を目で見たり、声に出して読んだりと上手にできていることを褒められ嬉しそうに取り組む子どもたちだった。今日は、新しいひらがなを3文字習い、一文字一文字丁寧に書くことができていた。次回は、少し間があいてしまうがまたやる気を持って取り組んでもらいたいと思う。

今日も、暑い日でした。朝は、ミストシャワーでお出迎え、先生の水まきにも大喜びでした。
701-3.jpg
701-4.jpg


posted by さくちゃん at 11:58| 日記