2021年04月27日

体操の先生インタビュー

〇元気いっぱい、笑顔いっぱいの、さくらっ子たち
0427-2.jpg
赤組も青組も工作で、クレヨンを上手に使って工作活動です。おいしいカップケーキもできあがりです。
0427-3.jpg
また、桃組さんは降園の準備も早くなり、とてもしっかりしてきました。白い帽子と黄色のカバンがお似合いです。
0427-4.jpg

〇今日は、体そうの講師の先生「菅野秀人」先生からメッセージをいただきました。
0427-1.jpg
菅野先生は子どもたちから大人気の体そう先生です。お生まれは福島県郡山市出身、小学生から水泳をはじめ、県内の数々の大会で入賞し、全国大会に出場したり、県の強化選手としても選抜されたりとそのお力を発揮されていたそうです。その後、学生時代からスポーツ指導をされ、運動にかかわる資格は10以上、スポーツ指導歴は20年以上、現在も多方面で指導をされている先生です。以下、菅野先生からのメッセージです。
●さくら草幼稚園のみなさんへ
 体操の授業では。「明るく!楽しく!元気よく!」をモットーに指導しています。運動の楽しさや、できた時の嬉しさ、出来ないときの悔しさや、そんな時に応援できる優しさ。運動能力の向上はもちろんのこと、心の成長も大事であると考えています。そのため、楽しむときは思い切り楽しみ、頑張るときは一生懸命に。メリハリをつけ、何事にも全力でチャレンジする力、できるまであきらめない力を育ててきたいと思っています。
●幼児期の運動について
 この時期に(神経発達の為の)運動を行うか否かで「生涯の運動にかかわる能力が左右される」といっても過言ではありません。その運動のスタートが遅ければ遅いほど、運動の能力差は開いていきます。幼児期は運動においても、とても大事な時間(時期)なのです。

〇保育日誌(4月26日 預かり保育室)
今日から桃組さんも長時間の預かりとなりました。初めてのおやつでを楽しそうに食べている様子が見られた。片付け方がわからず困っていると青組・赤組のお兄さんお姉さんたちが、丁寧に教えていました。そのあとも、絵本を読んであげたり。積極的にお世話をしてあげている姿が見られうれしく思いました。預かり保育を通して、更に他学年との仲を深めてていってほしいです。

posted by さくちゃん at 15:58| 日記