2021年06月18日

ダンゴムシ みつけたよ

こどもたちは、虫が大好きです。どんな虫にも、興味津々。特に身近にいる 「アリ」 や 「ダンゴムシ」は子どもたちの友達です。今日も、廊下を歩いていると「先生、みて ダンゴムシかわいいでしょ?」と一人の子どもが見せてくれると、その横にいた子も、「ほら、ぼくも・・」次の子も「ぼくもだよ・・」次から次へ。「いいなぁ、どこにいたの・・」話が膨らみます。それをみていた、別の子が近くに来て、後ろ手にもっていた、蓋つきプリンカップを見せてくれました。なんとかわいいダンゴムシが2匹、宝物だそうです。
618-1.jpg
618.jpg

赤組の保育室では、昨日のうちわづくりの続き、ナスのうちわの出来上がりでした。
618-2.jpg618-3.jpg
桃組は、天気が良いので外遊び、遊具や遊び道具で先生と一緒に大はしゃぎ、室内では先生の面白そうな紙芝居も・・・
618-6.jpg618-5.jpg
私のお気に入り、青組さんの保育室入り口の自作てるてる坊主、表情が豊かでかわいいです。雨も飛んでいなくなりそうです。
618-4.jpg

保育日誌よりより(抜粋)
青組:17日(木)
今日の制作ではちょうちんを作った。切れ込みを入れた画用紙の両端をペーパー芯のふちに合わせて、上下に貼っていく作業があり、支援が必要になる子どもが多く出ると予想していたが、思っていたよりも理解して取り組めた子が多かった。それよりも、別の部分でつまずく子もいて再度声かけをした。今後も一人ひとりの子どもに応じた声かけをつづけたい。
赤組:17日(木)
今日、七夕の願いごとを聞くと「ぷりんせすになりたい」という女の子が多かった。男の子は「〇〇の運転手になりたい」という男の子が多かった。そのあと、うちわに使う、手形を制作した。「くすぐったいよ先生!」と言って、もじもじする姿がとてもかわいらしかった。私のクラスはピーマンのうちわを作るのだが、「ピーマンは苦手なんだけど・・・」と言っている子もいたので、これを機に少しでも良いからピーマンにチェレンジしてくれると良いなと思った。
桃組:17日(木)
今日は天気も晴れで、暑すぎることなく心地よい風で戸外遊びも充実していた。
昨日は、大雨の影響で戸外に行くことができず残念そうにしていた。「今日、お外に行けないの?」と聞いてくる子多かった。そんな中、今日戸外で遊べると知った子どもたちは、とてもうれしそうに、元気に遊ぶことができた。また、今日は3回目のワンダーブックを読む日だった。落ち着いて読むことができ、子どもたちも知っていることが増えてきて、問いかけをした時には、元気に答えてくれるようになった。


posted by さくちゃん at 11:02| 日記